Pet a Ceremony

天国の手前にあると言われている虹の橋・・。
そこでまた、愛するペットと飼い主は再度めぐり会えると言われています。
いつかその橋でまた出会えた時、その虹の橋を渡って二度と離れる事は
ないでしょう・・・。
ペットを亡くしても、それは永遠の別れではありません。
また、めぐり会えるときがいつかくるはずだから・・・。

ホーム

ペット葬儀の基礎知識

ペット葬儀の流れ その1

ペット葬儀の流れ その2

ペット葬儀の場所

ペット葬儀社の選び方

ペットロス症候群 その1

ペットロス症候群 その2

ペット霊園

ペット保険

当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼りください。バナーが必要な方は以下のバナーをお使いください。

管理人へのリンクの許可や事前の連絡等は必要ないです。ただし、以下のようなサイトへのリンクは、お断りしています。

アダルトサイトなどのページや出会い系サイトなど
特定の個人や団体などを誹謗中傷するようなもの
人権侵害にあたるものや犯罪的行為を助長する内容を含むサイト
各法令やその他公序良俗に反しているサイト

Pet a Ceremony リンクフリーです

ペット葬儀って知っていますか?

ペット葬儀って何だろう?近頃では、ペットブームなどの影響で、少子化や高齢化が進んでいる私達の日本では子供の数よりペットの数が多くなってきているようです。
ペットの定番というとやっぱり犬や猫!と言った代表的なものから、爬虫類やペットマニアにはたまらない、いろいろな種類のペットが飼われるようになっています。

コンパニオンアニマルと呼ばれている犬や猫などのペットは、今のこのような時代だからこそ、愛するペットを弔ってあげたい!という飼い主がいるのは当たり前のことです。今では、ペット葬儀というものがあって、ペットも葬儀をするという時代になってきています。現在、東京や埼玉など葬儀社はいくつもありますが、ペット葬儀社の数も増え全国で葬儀を展開しています。

昔はペットが亡くなってしまうと、庭に埋めたり、役所や自治体などに連絡をして引き取りに来て貰っていましたが、いまでは、住宅の事情などによって庭のない家庭においては、ペットの遺骨を自分の庭に埋めることが困難になってきているのです。

自治体などではペットの死骸などはゴミと一緒に処分されてしまいます。そんなことから、ペットをちゃんとした形でお別れしたいという飼い主が増加しているのが、ペット葬儀をする最も大きな理由となっているのです。

ペット葬儀とは、火葬をした後にその遺骨を専用のお墓や、納骨堂などに収めて、お彼岸などには慰霊祭をすることを言います。民間のペット霊園なども数多くあり、火葬場や納骨堂やお墓などを備えているところも多くあります。思い出の犬服やリードなど品々と一緒に小さなお仏壇を用意できるところも増えてきました。

これからのペット葬儀

ペットの数が子供の数より多くなってきている今、これからもペットの数はだんだん増えていくだろうと言われています。

でも、ペットを飼う家庭が増えてきていることによって、ペットロスに悩んでいる飼い主も増えているようです。ペットと別れた悲しみや癒しのために、ペット葬儀は必要だとされています。

PR:ベッドで寝る、それ以外に幸せなことがあるか?

ペット葬儀の役割

ペット葬儀の役割というと、ペットを弔うのと一緒に、飼い主とペットの生活に区切りをつけることにあると思います。これは重要な事で、今まで買っていたペットとの死を受け入れることが出来なければ、自分を責めたり、またそれを誰かのせいにしたりなど、落ち込んでしまいペットロスへと陥ってしまいます。

ペットがいたから成長できた!ペットとの楽しい良い生活が出来た!などそう思ってもらうとペットも安心だし、嬉しいはずですよね。そんな感情を与えてくれるのも、ペット葬儀の役割ではないかと思います。

注意事項

当サイトでは、ペットに関する様々な情報をご紹介していますが、その内容や情報は全て個人で収集した情報です。万が一当サイトの情報を利用して何らかの損害や不利益などを被った場合、当サイトの管理人はその一切の責任をおいませんので、ご了承下さい。

また、当サイトを利用する場合はあくまでも情報の一つとして、それぞれの自己責任の元でお願い致します。